ママの会@駒場の宣伝に参加してきました

森友学園で「教育勅語」を暗唱させる教育をしていたこと。

これはこれから生きていく子どもたちに「国に何かあれば命を捨てろ」と教えるということ、国会で決まったことを軽視していること、そして安倍首相はこういう教育に当初「素晴らしい」と言っていた。

値引きの経過には野党から追及されても調査しようとせず、文書は破棄された、レッテルはりだと真実を明らかにしようとしない態度だということ。

これは南スーダン自衛隊の日報破棄問題でも同じで、無事に活動させようという意識がなく、国会さえ通過できればいいという態度で、命を守ることはできない。

日本人の命を守っている憲法を守るためにも、国会で冷静な議論をするためにも、憲法違反で強行採決を既成事実にしてしまった安保法制を廃止させよう。

 

緊張でガタガタでしたが、だいたいこういったことを訴えてきました。

今日は民進党の手塚元衆議院議員も来てくれました。

月一度、第一月曜日に駒場東大前駅で宣伝続けています。