読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できることを

先日より、ツイッター上で「一日一権利」と題して、人権について私なりの言葉で書くことを続けている。

一日一個、前日との脈絡なく。自分の都合のいい時間だから、投稿時間にも一貫性がない。つまりは自己満足である。もとより誰かに届けようとも思っていない。それでものんびり続けていこうと思っている。

どうして始めたのかと問われても「自分にできることを、続けられる形でやっていきたい」という、当たり前のことしか答えられない。

ただ、人権がどういうものなのか、人権が守られたらどんなに素敵な世の中になるだろうか。ツイッターという大きな枠の中でそういう発言が一つばかし増えたらいいな、と思ったのだ。誰かに見てもらうというよりも、水槽の中の優しい色水に、ほんの一滴寄り添いたくなったのだ。

そして、私自身が発言することに慣れて、自粛という心の中の悪魔に勝てるようになりたかったのだ。

 

 

 

「一日一権利」について

やはり、続いていません。だけど気持ちだけは変わっていません。

少しでも、優しい言葉が増えますよう。弱い立場の人が発言しやすくなりますよう。

それを目指すことが中立ということで、人権を守ることにも繋がっていくのかな、と思っています。

   2016.8.22